並木薬品

ご挨拶

前へ当社は70年以上にわたり「薬都とやま」で生命科学研究分野に携わる研究試薬 を中心に、 臨床検査薬、理化学機器・臨床検査機器・各種消耗品等を流通サービスを行っている専門商社です。 お客様のニーズに適した製品の提案や納入を、迅 速かつ確実に実行することをモットーとして、富山県下一円に幅広く営業活動を行なってきました。
これからは日進月歩で新しい技術が生まれているこの富山で、産官学連携を創出し、それらの研究の礎を下支えする企業でありたいと考えております。
また社員一人ひとりが社訓である「誠意」と向上心を持ってお客様との信頼関係を大切にする会社を目指していきます。


創業理念

企業方針

Vision 企業理念
科学技術の発展に貢献し、幸せな未来をサポートします
Mission 使命
全ての研究者に革新とひらめきをもたらす企業を目指します
Value 価値
  1. “精一杯”の先の、『誠意一杯』を目指す
  2. 期待を超えたサポートを提供する
  3. 考え、動き、良くする
  4. 気づき・分からないことを共有する
  5. 小さな積み重ねを大事にする
  6. みんなでやりぬく

会社概要

社名 並木薬品株式会社
資本金 2,500万円
設立 1946年(昭和21年)4月
決算期 3月31日
役員 取締役会長:森川義雄 代表取締役:横地勝美 常務取締役:西川裕二 監査役:森川洋子
所在地 〒930-0834 富山市問屋町3丁目1番33号
TEL(076)451-4545 FAX(076)451-0085
http://www.namikiyakuhin.co.jp
E-mail:info@namikiyakuhin.co.jp
アクセス
社員数 37名
取引銀行 北陸銀行/三井住友銀行/富山第一銀行/富山銀行
事業内容

臨床検査薬/研究用一般試薬/輸入試薬・特殊試薬/遺伝子関連試薬/分析試薬・消耗品/
実験動物・飼料/各種受託合成・解析
臨床検査機器/汎用理化学機器/遺伝子関連機器/各種分析機器/光学機器/放射線測定機器/
実験設備関連

沿革

1946年(昭和21年) 4月 「並木 清作」が、化学薬品・試薬・工業薬品・食品添加物・機器・医療器具の販売を目的として 「並木清作商店」を創立
富山市南田町1丁目5番18号に事務所を置く
1950年(昭和25年) 4月 「並木清作商店」を株式会社化し、「株式会社並木清作商店」を設立
資本金は30万円
1956年(昭和31年) 和光純薬工業の特約店となる
1966年(昭和41年) 和光純薬工業の代理店となる
1974年(昭和49年) 5月 社名を「並木薬品株式会社」に変更、資本金を 120万円に増資
同時に、事務所を富山市南田町1丁目1番10号へ移転
代表取締役社長を「並木 四郎」就任
1976年(昭和51年) 4月 資本金を 200万円に増資
1977年(昭和52年) 4月 資本金を 280万円に増資
1979年(昭和54年) 4月 資本金を 400万円に増資
10月 資本金を 480万円に増資
1980年(昭和55年) 4月 資本金を 660万円に増資
1984年(昭和59年) 4月 資本金を 1,220万円に増資
1985年(昭和60年) 1月 資本金を 2,500万円に増資
9月 富山市問屋町3丁目1番33号に、社屋および倉庫を建築し移転
1986年(昭和61年) 9月 本社の隣接地を購入し、駐車場として整備
1992年(平成4年) 6月 代表取締役社長を「金子 宗徳」就任
2003年(平成15年) 12月 代表取締役社長を「田村 勲」就任
2007年(平成19年) 10月 理科研株式会社が資本参加し、理科研グループの一員となる
2008年(平成20年) 12月 社屋および倉庫を建て替え、富山地区拡大により大幅増床する
2012年(平成24年) 4月 代表取締役社長を「横地 勝美」就任
2017年(平成29年)3月 リカケンHDの一員となる

並木薬品のご案内