並木薬品

リカケンHDのCSRの取り組み

理科研のCSRの取り組み

リカケンHDのCSR取り組み方針

経営ビジョン、経営理念、ブランドコンセプト、行動規範を確実に実践することによって、健全な経営の推進を果たしていくことを中心とし、関わるすべての人と発展することを目指します。

1.リスク・マネジメントの強化

多様化したリスクを避け、安定した経営を行うため、適切なリスク・マネジメントに努めます。特に自然災害や在庫管理、情報漏洩、長時間労働といったリスク対策に力を入れています。

2.より良い人材の育成

自分が何をすべきか一人ひとりの社員が意識して行動し、企業としての信頼に繋がることを目指した研修を実施しています。研修プログラムを階層に応じて実施し、絶え間ない向上に努めています。

3.コーポレート・ブランド価値の向上

コアビジネスやCBSN、研究者向け無料情報誌『Labcab』の発刊などの独自の取り組みを通じ、経営理念、ブランドコンセプトを徹底して実践することで、コーポレート・ブランド価値の向上を図っています。

4.社会への貢献

将来的に生命科学の発展に貢献する研究への支援を行います。

5.CSRに配慮した調達

CSRおよび法令等を遵守した公正な取引を通じてサプライヤーとのパートナーシップの構築をし、相互信頼関係に基づき共存共栄に向けた取り組みを行います。

CSR活動内容

リカケンHDのCBSN

○Collaboration  協働する
- 研究や製品、事業を一緒に形にします
○Bridge  架け橋になる
- 協働したい相手を探して紹介し次のステップへ繋げます
○Support  支援する
- 研究の事業化や事業拡大をお手伝いします
○Network  繋げる
- 人脈を構築しCBSへ繋げます

研究者、技術者、ベンチャー企業、研究施設、民間企業、メーカーなどの方々から、様々なシーンで要望があります。関わるすべての人と共に発展するため、求められる要望に対し、これら4つのキーワードを実践し最善を尽くしています。

理科研グループのCBSN

22世紀先端研究セミナー

健康科学の最先端の研究について知見を深め、産・官・学の研究交流を図ることを目的として、セミナーを開催しております。

人材育成プロジェクト

研究助成

生命科学の進歩・発展に貢献する独創性・萌芽性をもつ研究や新規性を持つ研究を行っている、もしくは、新たに始める若手研究者に対して支援を行うことを目的とし、研究費の助成を行っています。

詳細はこちら